興味の種を育てるカフェ

まるで避暑地の隠れ家のような、ショップ&ギャラリーカフェ『星星峡(せいせいきょう)』。

2018年4月、多磨霊園駅から徒歩数分の甲州街道沿いに生まれたこの空間は、大通りに面しているとは思えないほどの静けさに包まれていて、いつも新しい発見と心地よさがあります。

「オープン当初、お店の周辺には他に遊べるような場所がほとんどありませんでした。だからこそ、ここにしかないものと出会えるショップやギャラリー、満足感のある食事やデザート、ドリンクにお酒、さらに電源やWi-fiも完備して、お客さんにとって“ここを目指して来たくなる”場所を作りたいと思ったんです」

星星峡代表の舩橋直世(ふなばし・なおつぐ)さんはそう話します。

日本の古道具をはじめ、フランスやイギリス、ハンガリーやノルウェーなどの雑貨が並ぶショップスペースを手がけるのは、奥さんの由子(ゆうこ)さん。

「府中には、都心にはない落ち着き、のんびりした空気感があります。地域柄なのかフレンドリーな人も多くて、スタッフとお客さんの垣根がありません。人と人との交流が生まれやすいこの街で、様々な出会いと発見のある場所を作っていけたら」

料理、雑貨、インテリア、音楽、旅、などなど……仕事や趣味に関係なく、自分の興味関心の赴くままに新しいことへ飛び込んでいく、星星峡の人々の様子をのぞいてみませんか?

目次

“ここにしかない”場所を目指して

面白がって、興味を開いていく

カフェ&ギャラリーでアットホームな展示・企画

“ここにしかない”場所を目指して

星星峡のフードメニュー、日替わりランチやキッシュなどにふんだんに取り入れられている野菜は、東府中の採れたて地場野菜の八百屋『JIMONO MARCHE(ジモーノマルシェ)』で買い付けています。

「地場野菜は新鮮で美味しいし、流通には乗らない珍しい野菜も多くて、眺めているだけでも楽しいんです。旬の野菜に合わせて、頻繁にサラダやスープの中身を変えることができるのも、小さなお店ならではの強みですね」

もともと料理が好きで、現在もメニュー開発を心から楽しんでいる舩橋さんですが、実は「自分がカフェを立ち上げるなんて、星星峡を始める数年前は思ってもみなかった」そう。一体、どんな経緯があったのでしょう?

「27歳のときに先輩と一緒に立ち上げた不動産関係の会社で長年働いていましたが、この物件との出会いが、カフェを開こうと思い立つきっかけになりました。この立地にこの広さがあれば、あれもこれもと皆様が色々と楽しめる複合的なカフェが出来るのではないか、と思ったんです」

なんとも、面白い着眼点。不動産のベテランとして、この物件に可能性を感じたということでしょうか?

「不動産業の経験から周辺をマーケティングリサーチして、この土地柄には珍しいショップ&ギャラリーカフェを開くことには決めましたが、この場所でやっていることの意味は今でも常に探求しています。近所の地場野菜の八百屋『JIMONO MARCHE』さんと繋がりを持ったのもその一つ。ここにしかない場所や人との繋がりを、自分たちでも面白がって、お客さんにも伝えています。この近辺をハシゴするようになった人も多いんですよ」

そうやって点と点がつながることで、面白い街は創られていくのかもしれませんね。

舩橋さんは、20歳から3年間飲食店でアルバイトをしていたときに包丁さばきに目覚め、それから料理好きになったといいます。星星峡のオープン時には、「味も量もいい、満足感のある食事を提供するカフェにしたい」という思いから、メニュー向上のためにお店のキッチンで2ヶ月半にわたり試作を繰り返していたそうです。

そして、期待と不安とともに迎えたオープン日。お客さんの反応は上々で、「皆さん、お皿の上に何も残さず綺麗に食べていただいていたのが、本当に嬉しかったですね」と舩橋さんは振り返ります。

星星峡のメニューはいつも美味しくて、常に発展途上です。舩橋さんは日々、スタッフと一緒に改良を重ねています。

面白がって、興味を開いていく

調理や接客など、カフェの運営を仕事の軸に据えながら、「色んなことを面白がれる人」が働いている星星峡。

「料理が好き、インテリアが好き、はたまた、僕はギターを弾いていましたし、店内にはピアノがあるので音楽が好き、アンティークや雑貨が好き、旅好き、野菜を育てることが好き、場づくりやイベント企画が好き、おしゃべりが好き……ここには、色んな興味の受け皿があります。日々同じことを繰り返すのでなく、変化や新しいことをなんでも面白がれる方だと、働いていて楽しいと思いますよ」

「最初は料理に興味を持って、働いているうちにインテリアに興味を持って……色んなことに興味が湧いては、舩橋さんや由子さんと話して盛り上がっています」と話すのは、アルバイトとして働いている和田さん。

趣味は一人旅。各地を旅して写真を撮ることが好きな舩橋さんや、様々な国のアンティークや雑貨が好きな由子さんとも気が合うのだとか。

「まず、ここで面白そうなことをやってみて、はじめはあんまり人が集まらなかったとしても、継続してやっていくことで育っていくことも多いと思うんです。あきらめず前向きに色んなことに興味を持って、一緒にお店を作り上げていって、やがて2店舗目や3店舗目にも広がっていったら面白いですね」

そう話す舩橋さんは、とても自然体で穏やかにカフェの運営を楽しんでいました。

カフェ&ギャラリーでアットホームな展示・企画

星星峡の広々とした空間の使い方は自由自在。数十名の貸切パーティや、ピアノの発表会、壁面ギャラリーで作品を展示・販売することもできます。

駆け出しのクリエイターや学生さんにとって、都内のギャラリーはなかなか手が届かないもの。星星峡はカフェスペースも兼ねているため、カジュアルな展示を行うことができます。

展示スペースの貸出料は、2週間35,000円で1,000円のお食事券10枚付き。4週間60,000円で1,000円のお食事券20枚付き。

「展示スペースを借りる方に、カフェで使える1,000円のお食事券を差し上げているのは、ご自身で使っていただいてももちろん大丈夫なのですが、ご友人や知人を誘いやすくするためでもあるんです」と舩橋さん。都心ではない、府中ならではの立地を活かしたアットホームな展示・企画が行えそうですね。

どんな過ごし方もできるから、たくさんの人にとって居心地がいい場所になっていく。

多種多様なワクワク感を包み込んでくれる星星峡で、興味関心の種を育ててみませんか?

事業者名(店舗名)株式会社星星峡
住所東京都府中市若松町1-26-6
地図
URLhttps://seiseikyo.com/
募集主星星峡 shop & gallery cafe
URLhttps://seiseikyo.com/
勤務地東京都府中市若松町1-26-6
地図
募集期間2019.3.10- 3.24
職種

キッチン

雇用形態正社員、アルバイト
仕事内容

調理、仕込み、盛り付け他、洗物、掃除などカフェ運営に関わる業務全般

給与

正社員月給20万円~、アルバイト時給985円~(経験に応じて優遇します)

待遇

交通費全額支給、自転車通勤可、昼食手当 昇給あり、正社員登用あり
*イベント・ワークショップ利用時優遇 バイク・自転車通勤可 交通費支給(上限あり)
■アルバイト 応相談の上、正社員登用あり
■正社員 社会保険完備

勤務時間

10:30~23:00
正社員(実働8時間 シフト制 休憩有)アルバイト(週2日~、1日3H~)

休日休暇

定休日他、月2~3日 年末年始 夏季休暇

経験資格

飲食店で調理実務経験のある方

求める人物像

人に喜ばれることが好きで何事も真剣に取り組み楽しめる人

選考の流れ

面接→内定 試用期間あり(~3ヶ月)

お問い合わせ先e-mail:info@seiseikyo.com

※こちらの求人募集は終了しました。ご応募ありがとうございました。